FC2ブログ
2019. 12. 15  
2019年最終戦は札幌ドームでのコンサドーレ札幌戦。
12分間で2点取り、久々の大虐殺ゲームと思いきや、今年のチームは悲しいくらいに追加点が獲れない。
やはり浮かれてはいけなかった。
グダグダのうちになんとか2対1で逃げ切って、リーグ戦は4位で終了。

IMG_2419.jpg

IMG_3393.jpg

選手の皆さんは本当にありがとう。
不本意なゲームも多かったけど選手はいつもがむしゃらにプレーしてくれた。

最高のメンバーだった。

ルヴァンカップ優勝は本当にうれしかった!!


IMG_3376.jpg

IMG_2415.jpg

それにしても冬の札幌は何十年ぶりかなので少々恐れていたが、札幌ドームは快適だった。
羨ましい限りである。
Jリーグ強豪と言われるチームで未だに昔ながらの競技場使っているチームってあるんだろうか。
横浜は6万人収容できるからまあ良しとして、
何度優勝してもカープ人気で一向に観客増えない広島くらいだよね。
その広島も新スタジアム移転に動いているらしいし・・・。

等々力も何とかしてほしいものである。
(異論反論あると思うけど野球は野球場で、サッカーはサッカー専用スタジアムで)



IMG_2393.jpg

IMG_3374.jpg


IMG_3375.jpg

さてさて札幌の旅から帰って数日。

碧がベストヤングプレーヤー賞を受賞した。
ベストイレブンはフロンターレからは無し。
23試合しか出場していないイニエスタが選ばれたり、FWが4人だったり、相変わらずの滅茶苦茶ぶりだった。

リョウタがE-1で違いを見せた。
それでもポイチはリーグ戦全然出てない柴崎を使うのだろう。
誰がどう見ても実力の劣る佐々木翔を重用して車屋を干してるくらいだから。
早く監督交代キボンヌ(死語)。

そして新井が千葉へ移籍を発表しストーブリーグが始まった。
谷口博之や養父雄二が引退し、ヨシトや我那覇、楠神は契約更新されなかった。

なんだかんだで一喜一憂してしまう。


兎にも角にもフロンターレ、
来年はどんなドラマを見せてくれるのだろう。

ブログはもう書かないと思うけど、
来期も、妻と二人でささやかな週末を楽しんで応援していこうと思う。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
スポンサーサイト



2019. 11. 10  
先月に続いてカシマスタジアムでの観戦となった。

試合の方は・・・
最初はフロンターレがボールを保持して押し込むも、アントラーズはペナルティエリアに進入させない粘り強い守備からペースを掴んだ。
やはり休養十分なアントラーズに中3日では太刀打ちできないと思い始めたが・・・
こんな試合はセオリー通りセットプレーから山村がヘッドで先制!
そして相手コーナーキックから電光石火の速攻をしかけタツヤが追加点!
守田のダイレクトのロングフィードと悠の完璧なトラップからのポスト直撃のシュートが光った。

新井が試合を重ねるごとに自信をつけている。
思い切りのいい飛び出しと、ポストに救われる強運(運を味方につけるのは大事)。
ハイボールの処理もフィードも良くなっている。
個人的にはソンリョン押しだが、今は新井のパフォーマンスの方が上と認めざるを得ない。

そして家長の時間を追うごとに増してくる無双ぶり。
スイッチが入ると誰にもアキを止められない。
熱くなりすぎてイエローをもらってしまうこともあるが、そんなプレーひとつひとつが疲れたチームを勇気づける。
もちろん得点を獲ってほしいが、それ以上の活躍を十分している。

山村がフィットしてきたのも大きい。
谷口とのCBのコンビで単純なクロスはすべて跳ね返してくれる。
2人の連携も良く、2試合連続のクリーンシートも達成。
以前はあまり期待が持てなかったセットプレーも山村がいると何かを起こしてくれる気がする。
この試合のMOMだ。

さてさて、過密日程を3連勝でのりきった。
なんでこの安定した戦いがシーズン前半、中盤でできなかったのだろう。
同日、FC東京、マリノスが勝利してしまい現実的には3連覇はかなり厳しくなってしまった・・・
でもまだ夢を見せてくれている。

ルヴァンを獲って、リーグ戦は最後まで上位陣に苦汁をなめさせた。
そんな記憶に残るシーズンにしてほしい。

残り2戦。
この素晴らしい選手たちと戦えるのもあと2試合しかない。

どんな結果になろうとも明るく笑ってシーズンを終えたいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 11. 05  
なんとも複雑な勝利である。
レッズが気の毒である。
ACLを勝ち進んだことで死の連戦を強いられ、これがACL出場が罰ゲームといわれる所以である。
ターンオーバーせざるを得ない日程だ。
2007年に浦和出身の犬飼さんに、ACLでのターンオーバーをサポーターへの裏切りだとケチをつけられ、
「犬飼さん、我々は裏切られていません」という弾幕を掲げ戦ったことがあった。
あの頃から死の日程は何も変わっていないし、協会のACLに対する位置づけも変わっていない。
協会(Jリーグ?)は本気でACLを獲る気があるのだろうか。
せめてレッズには今回はACL、獲ってほしいものだ。

さて本日のレッズ戦である。
ルヴァンでゴールを外しまくり不本意だったであろう脇坂の先制ゴールと、絶好調の小林のダイナミックな裏抜けで追加点。
一方レッズの攻撃は、ポストに嫌われたり、ペナルティエリア内でのハンド疑惑などもあり、フロンターレゴールに迫るも無得点。
山村、谷口のセンターバックも単純なクロスはすべて跳ね返した。
ここにきて山村が貴重な戦力になっている。

なんとか勝利しリーグ制覇にほんの少し望みをつなげた。

そんな中、全治6週間といわれていた守田のたった2週間での復帰がでかかった。
ポリバレントで前半はボランチ、後半は守備に不安があったマギーニョに代わり右サイドバックに入り、山中選手を抑えた。
そして家長とのコンビネーションで右から崩し小林への完璧なクロスを放った。
前にも書いたが、縦抜けはないが、ドイツのラームのような動きで、日本にあまりいないサイドバックで面白い。
もちろんボランチとしてもボール奪取やさばきも天下一品だ。
必ず、代表に返り咲いてくれることだろう。

さぁ、中3日で強敵、常勝軍団アントラーズ戦だ。
日程的にはアントラーズに分があるし、ルヴァンの雪辱にも燃えているだろう。
いつものことながら一筋縄ではいかない難敵だ。
でも今のチームならぶったたいてくれるだろう。

残り3戦、
久々の修羅場3である。

追記・・・本当は一番最初に書きたかった。
中村憲剛の前十字靭帯の損傷。
なんとも辛いニュースである。
リーグ戦の勝ち負けなどどうでもいいほどに衝撃が走った。
ケンゴはフロンターレ、そのものだ。
必ずまた、ピッチでその雄姿を見せてくれることだろう。

GO!KENGO!!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 11. 03  
ルヴァンカップからレフリーのミスジャッジに苦しめられている。
ジャッジリプレーという番組で検証していたが、PK2本損したし、120分の速攻を止められたのもレフリーの技術不足だった。

そして今日は悠のオフサイドの誤審で先制点を取り消された。
最後の方で、明らかなミスジャッジで温厚な登里が切れていたけど、もう少し真剣にやってくれないだろうか。
どっかのチームみたいに、事あるごとにレフリーを囲んで、ジャッジさえも変えてしまうチームもあるけど、正々堂々と真面目に戦っているチームもある。
レフリー一人一人がレベルを上げ、集中して、本気でジャッジしてくれないと、お金をかけてVAR入れたって何の進歩もない。

まぁ、今回、ルヴァンのVARでよかったのは、PK戦で新井が止めたとき、足がゴールラインから離れていなかったのを証明できたこと。
試合後、大騒ぎしていたコンサドーレサポーターもあの映像見たら黙るしかないだろう。

冒頭から話がずいぶんそれている。
サンフレッチェ広島戦である。

良くも悪くもマギーニョに尽きる。
家長、谷口、車屋の出場停止で先発。
前半は、マギーニョの右サイドを執拗に狙われ、決定機もずいぶん作られたが、奈良、山村を中心にしのいだ。(まぁ、ほとんどサンフレッチェの拙攻に助けられたようなものだけど)。
そのマギーニョ、後半は、相手のポジションチェンジなどもあり、何とか抑えていたけど、82分にはついに決定的なミスをしてしまい相手にゴールされてしまった。
足も痙攣し、万事休すかと思ったが・・・・
チャンスと見るや、ハーフェーライン付近から一気にゴール前へ駆けあがり決勝ゴールを奪ってしまった。
家に帰りDAZNで見返したら、解説の岩政さんに自作自演とまで言わしめた、独り舞台だった。

普段、試合に出れなくても頑なに頑張っている選手が大活躍する、本当にうれしい限りだ。

フェイスガードをつけてでも先発し戦った碧の先制点にも興奮した。
U-22のブラジル戦でミドルを2本叩き込んだが、またもあの位置からのミドルシュート。
代表に行くことで確実に成長している。
東京オリンピックでは世界を驚かせるかもしれない。

山村の相手外国人選手とのエアーバトル、奈良の身体を投げ出してのディフェンス、MVPで一皮むけた新井の落ち着き払ったセービング。なんともみんな頼もしい限りである。

さぁ、残り4試合。
来週はレッズ、アントラーズと難敵との対戦、山場が待っている。
ケンゴ、大島の状態が心配だ。
でも今のメンバーなら誰が出てもやってくれるだろう。

4連勝しても優勝できるかどうかはわからない。
でも最後まで懸命に戦う姿を見せてほしい。
たとえ優勝できなくても、サポーターの心に大きな何かを残してくれるだろう。

川崎フロンターレが戦う意味はそういうことかもしれない。

頑張れ!川崎フロンターレ!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 

2019. 10. 29  
ラグビーが盛り上がっている。
“ One For All ,All For One” だそうで、そういうことなら、ルヴァンカップもチーム全員でつかみ取った勝利なので、今回は、いつものエラソーな採点はやめて、全員MOMということで個々の寸評のみにする。

また前回のブログでコンサドーレの荒野選手の事を悪く書いてしまったが、試合終了後、フロンターレサポーターに何度も頭を下げ、そしてフロンターレの選手を祝福している映像を見て、そこまで悪い人間じゃないのかと感じた。試合中、熱くなることは悪いことではなく、試合が終われば“No Side”の精神が私自身欠けていて少々反省である。みんな大好きな森ユースケ君に比べればかわいいものである。

ただレフリー!
谷口のプレー、そもそもファールかも怪しいけど、もしファールを取るなら、決定機阻止で最初からレッドカードだろう。わざわざVARで指摘される前に、ルールをちゃんとわかっていたんだろうか。
28分の登里が倒されたシーンは何でVARが介入しなかったんだろう。結果PKにならなくても介入はすべきだった。やたら、フロンターレ側のプレーには介入してきたのにね。

コンサドーレの同点ゴールだってロスタイムをずいぶんオーバーしていたよ。
そして何より一番の怒りは、120分に悠とケンゴの速攻を自陣のオフサイドでプレーを止めた事。誰がやってもあそこは流すでしょう!
ホイッスルを早く吹いてしまったということなら下手すぎ。
プレーの流れをちゃんと見てよ!
レフリーがDOGSO(決定機阻止)やってどうすんの!
劇的なサヨナラゴールのはずだったのに!

仮にも決勝戦、もう少しまともなレフリーはいなかったのだろうか。

では、寸評。

新井 もちろんPK2本ストップのビッグセーブに尽きる。ただ福森のFKを自分サイドに入れられてしまったのは悔やまれる。

登里 120分守備に奮闘する。そつなくパス回しにも加わるが、決定的な仕事は少なかった。

谷口 痛恨のレッドカード。レフリーに猛抗議しながらもノボリに監督の指示を聞いてこいと冷静に指示していたのは笑える。

山村 CKから3点目をアシスト。悠への絶妙な折り返し(シュート?)だった。CKでは頼りになる。PKも落ち着いて決めた。カウンターには苦しめられたが大きな破たんはなかった。

車屋 やってしまった(笑)。谷口退場後、CBに入り、10人で相手を抑えて120分戦ってこそのPK戦だ。あれでもし負けていたとしても誰も彼を責められない(もちろん、そんなフロンターレサポーターは1人もいないだろう)。ただ最初の失点のサイド抜かれたシーン、慎重にゲームに入った割には守備軽すぎだ。

大島 2点目の左足での悠へのアシストは秀逸。83分の谷口のシュートにつながる阿部への浮き球のパスも脱帽。異次元のパサーである。同点に追いつかれたCKはスカウティングで大島のところを狙われた。今後、チームの課題か。

田中 固くなったのか、いつものボール奪取や生きのいいプレーが少なく思えた。

家長 何回、チャンスメイクしたことだろう。クロスが絶妙だ。スプリント数はチームトップの20回。守備にも奮闘し足をつりそうになりながら戦っている姿は感動である。PK戦も外せば負けのプレッシャーがかかる5番目、いとも簡単に決めた(本当はすごい重圧だったろうがそれを見せないのが格好いい!)。セルジオ越後氏がMOMに押していたけど異議なし。

脇坂 いつもの精神状態じゃなかったのか、決定機を3回外す。トラッキングデータで前半、両チームで1番の走行距離だった。がむしゃらにプレーしていたのだろう。CKから阿部にアシスト。

阿部 さすがの決定力。シュート職人。歴史の扉を開いた(ルヴァン決勝無得点の呪縛を解き放った)1点目、阿部ちゃんじゃなきゃ決められないシュートだった。やはり優勝請負人だ。途中交代したがPK戦に出ていれば、何の気負いも無くあっさり決めてくれただろう。

ダミアン シュートがことごとくはずれ、ポストにも嫌われた。ただこれだけの一流選手なのに、ベンチに下げられても嫌な顔をひとつせず、最後まで一緒に戦い、勝ったときは誰よりも喜びを爆発させていた。

中村 いつも決勝戦だと空回りしがちだが、途中出場ということもあり、うまくゲームに入れた。ずっと見てきたケンゴが聖杯を掲げるシーンは感無量である。

小林 ストライカーの面目躍如、2得点の大活躍。さらにPK戦ではコイントスでフロンターレサイドを勝ち取り(これが大きかった!)、1番むずかしい最初のキッカーでキッチリ決めた。

長谷川 相手の疲れが見え始めた時間に投入されて最も嫌なプレーヤーだろう。左サイドを突破し相手を押し込んだ。ノボリとの連携もよし。

マギーニョ 足の速さはさすがだ。スピードで相手の攻撃の芽を摘んだ。前線へのドリブル突破もあり。鬼さんが谷口退場の後、奈良ではなくマギーニョを選んだのは相手が疲れてきているあの時間では正解だった。長谷川とともに両サイドで前線に起点を作ることができ、10人でも押し込むことができた。

鬼さん 2000年のナビスコカップは選手として出場し、それ以来の悲願達成だ。選手起用、モチベーションの持っていき方、ベンチワーク、PK戦の人選、どれをとっても文句のつけようがない。

兎にも角にも、ルヴァンカップ優勝だ。
2009年の事件を含め、悔しい思いをいっぱいしてきたがすべて報われた思いだ。
この試合もポストに嫌われたり、わけがわからないジャッジがあったり、土壇場で失点する悪い癖がでたり、簡単には勝たせてくれなかった。
これでもかというくらい試練を与えた。
しかしそんな逆境を選手は自分たちの手でこじ開け歴史の扉を開いた。

フロンターレの選手たちを誇りに思う。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 

< /div>