FC2ブログ
2019. 10. 07  
あれだけ暑かった夏も一段落。
平塚の夜空に花火が咲いた。

19年10月6日湘南戦1 (2)

今期はイライラでストレスがたまる試合が多かったが、
今夜は久しぶりのゴールショーに酔いしれた。

ただゲーム内容は、点差ほど圧倒していたとは思えない。
監督問題でどん底のチーム状態のベルマーレに、
相変わらず前線からのハードプレスに苦しめられ、単純なロングボールでピンチを招く。
球際で負けてる場面もしばしば見られた。
まぁ、これだけの大勝で文句を言ってはいけないのだろうが・・・

ただベルマーレサポーターは立派だと思った。
前節に続いての大敗、監督問題、
スタジアムに足を運ぶのも苦痛と思われるのに、最後まで切れずに応援し、負けても選手を激励していた。
到底、私には真似できない。

さてさて、今日の勝利で数字上はリーグ優勝の可能性も残った。
ルヴァンカップもリーグ戦もアントラーズが目の前に立ちふさがることになった。
このチームを超えなければ何もつかめない。
とりあえず中2日で等々力に奴らを迎える。
今のチーム力では少々劣っているかもしれない。
でもサッカーは何が起こるかわからない。
そんな試合いくらでも見てきた。

なんかもやもやしたシーズンだったけど、
最後にひと花、咲かせてほしいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 
スポンサーサイト



2019. 07. 10  
サガン鳥栖戦の採点&選手戯評。
ホーム4戦連続でドローとのこと。
気分がさえないので軽く一言ずつで終わらせる。

ソンリョン 6 大きく蹴るのか、DFからつなぐのか判断に迷う場面が多くチームにリズムを与えられなかった。

車屋 6.5 クロスの精度が上がってきた。右SBの方が気負いがない分うまくいっているよう。守備も安定。

谷口 6.5 トーレス、金崎の強力2トップにまったく仕事をさせず。

ジェジエウ 6.5 身体能力を生かしたディフェンスはもはや欠かすことができない。最後はトップに残り得点を狙ったが何もできず。

登里 6.5 左サイドからたびたび攻撃の起点となった。

田中 6 ボール奪取で守備に貢献。

大島 7(MOM) 相手が何人きてもかいくぐってしまう。パスの精度も抜群だった。離脱はあまりに痛すぎる・・・

家長 6 前半40分の脇坂へのスルーパスは秀逸。後半、速攻で長い距離ドリブルしてから倒されたプレー、ファールを取ってもらえず運がなかった。(この試合の主審は下手すぎ)。

脇坂 6.5 前半40分の家長のスルーパスからのトラップ、シュートは技術の高さをうかがわせた。

長谷川 5.5 ドリブルを警戒されて突破できず、たまらず途中交代。シュートの技術ももう少し上げてほしい。

小林 5.5 エースストライカーならシュート3本のうち1本でも決めたかった。

中村 6 途中出場でリズムを変えたが得点できなければ入った意味がない。もう少し攻撃に変化をつけてくれると期待したが残念だった。

守田 5.5 大島の負傷で急遽ピッチに立ったが、久しぶりの出場でミスが目立った。

阿部 6 スリッピーなグラウンドでグラウンダーのシュートを狙ったが惜しくも止められた。シュート上手い。

鬼木 5 下位チーム相手にスコアレスドローは情けない。最後はジェジエウを前線に残し放り込みでとにかく1点を獲りに行ったが、それなら79分の交代は阿部ではなく山村か知念だったのでは(大島の交代でプランが崩れたのもあるが・・・)。ただ今まで放り込みで点を獲ったことがあるのだろうか。大島の負傷でFC東京戦はかなり厳しくなったがここが正念場である。謎采配だけは勘弁してほしいものである。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 05. 21  
ACL、
終わってみれば結局、蔚山、上海には1勝もできず、シドニーからの2勝のみ。
他力本願でも予選突破を夢見たが、考えてみれば、おこがましいにもほどがある。
スロースターターとかなんとか言っている限り一生ACL予選リーグ突破できないよ。
予選リーグは春先なんだから。
フロンターレのサッカーはフィットするのに時間がかかるそうだ。
それならば何のための宮崎、沖縄キャンプなんだろうか。
デジっちを撮るために行っているわけではないだろう。
しっかり開幕に合わせて準備してほしい。
4冠とか高らかに謳ってサポーターをあおっている以上、本気を見せてほしいものだ。

で、本日のシドニーFC戦。
相手は2日前にチャンピオンシップがあったそうでBチームとの対戦になった。
わざわざオーストラリアまで練習試合に行った感覚だけど、きっちり勝てたのはよかった。
脇坂の2ゴール。
ダミアンは相変わらずの決定力。
山村、連携はまだまだだけどセットプレーからでかいオージーたちの上をいくヘディング。
マギーニョは2点目のアシストとゴール前までドリブル突破。

本当にうれしいんだけど、消化試合だと思うと見ていてもむなしくなる。

まあ何を言っても2019年ACLは終戦だ。
「またACL手を抜いてリーグ優勝狙ってる」とかの罵詈雑言も甘んじて受けねばならない。
でもリーグ優勝しなきゃ、それすらもないただの弱者になってしまう。

次の大分トリニータ戦。
多くの選手がオーストラリアから中4日で疲労困憊の中、戦わねばならない。
しかも相手は好調トリニータ、苦手な大分ドーム。
簡単には勝てないと思うが意地を見せてくれ!
Jリーグ2連覇の王者としてJ2からの昇格チームを蹴散らしてくれ!

ACL敗退の悔しさを忘れさせてくれるほどのリーグ快進撃。
明日からは切り替えて、そんなことを思って応援することとしよう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング

2019. 05. 08  
上海上港戦 採点&選手戯評

ソンリョン 6  さすがに1対1でフッキは止められない。2失点ともノーチャンスだった。信頼はゆるぎない。今シーズン全試合フル出場中。

馬渡  5.5  守備では相手のパワーに苦労した。攻撃参加するときのポジショニングはいいと思う。

谷口  6.5  守田のクロスをドンピシャに合わせ逆転のヘディングシュートを決めた。守備でも強力な相手攻撃陣をよく抑えた。

舞行龍 5.5  やはり足元がうまくない。相手に狙われていた。ジェジエウがACLの登録外とは何のために彼を取ったのか。

登里  4.5  もはや仕方がない、これだけ連戦で使われて疲労困憊が見て取れる。結果、2失点に絡んでしまったが彼を責める気にはなれない。攻撃では得意のペナルティエリアをえぐるドリブルでチャンスメイクした。

大島  5.5  2失点目、さすがにあの位置でのボールロストはやばい。

守田  6.5  見事なアシスト。ボールにもよくからみ、相手の攻撃もつぶしまくった。

齋藤  6.5  1失点目はあまりに不用意なプレーだった。その後はよく挽回し攻撃の中心となって躍動した。得点につながったダミアンとのコンビネーションは秀逸。

長谷川  5.5  齋藤のサイドに比べると明らかに攻撃に力がなかった。ドリブルの切れがなく消えている時間もあった。後半、切れこんでシュートまで持ち込んだシーンはやはり決めたかった。

小林  5.5  裏を狙い続けたがたびたびオフサイドに。クロスに今一歩届かないプレーが続いているが昔のワンタッチゴールを量産しているころの感覚を思い出してほしい。こういう大事な試合で得点を取ってこそ真のキャプテンだ。

ダミアン 6.5 (MOM) 得点シーンは4人を背負ってワールドクラスのプレー。フッキとのセレソンの意地をかけてのマッチアップはいいものを見せてもらった。フロンターレで1番気持ちを感じられる選手だ。

鈴木 - 決してラルフが悪いわけではないが、いつも馬渡に代えて出場させて何がしたいのだろう。彼を入れることで攻撃のパワーが増すとは思えない。(1度、長いドリブルでの攻撃参加はよかった)。

脇坂 - 試合に絡めず終わってしまった。難しいことは承知だが、短い時間で結果を出して1流プレーヤーはのし上がっていくものだ。

山村 - チームにフィットしてきている。前線を活性化させた。もう少し信頼して長い時間使ってほしい。

鬼さん 5.5 勝ち切らねばならない試合でドローではダメだったはず。絶対に得点を取らなければならないときに、なぜ馬渡⇒ラルフなのかわからない。知念をベンチに入れているのだから、バランスを崩してでも悠、ダミアン、知念の3トップも見てみたかった。
昨年、ルヴァン杯の鹿島に負けたとき思ったのだが、鬼さんはカップ戦のような1発勝負に弱い。ここぞというとき、思い切った采配ができなくてバランサーに徹してしまう。勝敗が平均化される長いリーグ戦ではある程度の成績を収められるのだろう...

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 04. 24  
ACLホーム蔚山戦の採点&選手戯評(寸評)



ソンリョン 5.5 相変わらず安定の守備だったが痛恨の2失点。韓国チームが相手なだけに本人が一番悔しいはず。

馬渡 5.5 攻撃時のポジショニングの良さが光った。ただクロスの精度が悪く、また細かいところの丁寧さに欠けた。

谷口 5 怪我で試合間隔が空いてしまったが、2失点目の真ん中をぶち抜かれたのはCBとして言い訳できない。前半のこぼれ球のヘディングシュートは決めたかった。

奈良 6 ここ数試合安定している。以前のようなポカもほとんどない。

登里 6 左サイドで攻守に安定。2点目の小林につけたクロスは秀逸。でも最後のクロス・・・ボルテージが一気に冷めた。

田中 5 疲れていたのかいつもの積極果敢なボール奪取は見れず。パスミスも多かった。

大島 6 1点目のアシストは大島ならではのキラーパス。1失点目のコーナーにつながるパスミスは痛かったが、やはりボランチでの落ち着きが違う。

ケンゴ 5 攻撃の形作れず。なんか絶不調に見える。彼が交代すると目に見えて戦力が落ちたのはもう昔のことか。コーナーキックも可能性を感じられず。

家長 5.5 精彩を欠いた。さすがにこれだけ試合に出ていれば疲労困憊のはず。

齋藤 6 仕掛ける気持ちは感じられた。マリノスでの全盛期は守ってカウンターだったのでスペースがあるなかでのプレーだったが、あれだけ中央を固められた中にワンパターンでカットインするだけでは無理。タツヤのように縦へのドリブルも併用して相手を広げる工夫もしてほしい。

小林 6 待望の先制ゴール!2点目につながった抑えた強力なシュートもさすがだ。だけど、キャプテン!どフリーで外したロスタイムのあれは無い!マジで無い!!

知念 6.5 いつの間にか頼れるエースに成長。執念のツインシュートは彼の得点になった。

脇坂 6 麻生での好調を維持。失敗を恐れずもっと思い切ってプレーしてほしい。プレスキックも良かった。

ダミアン 6.5(MOM) 相変わらず短い時間しか使ってもらえないがプレーに気迫を感じる。多少、周りとの連携が悪くてもこういう選手が必要に思う。

鬼さん 5.5 またセットプレーから失点したが対策はしているのだろうか。(逆にこちらのコーナーキックはまるで迫力がない)。後半は知念、ダミアンを投入して小林も含め超攻撃型布陣を敷いた。さすがにあそこまで追いつめられるといつものバランス重視の交代もなく勝負にでてくれた。(ホント、馬渡⇒ラルフの交代とかもういいから)。

< /div>