FC2ブログ
2019. 04. 29  
ヴィッセル神戸戦 採点&選手戯評



ソンリョン 5.5 失点シーンはパンチングが中途半端になってしまい、飛び出してゴールも開けてしまった。珍しくバタついた。

馬渡 6 なんと言っても先制のスーパーフリーキック。少々劣勢だっただけに大きな得点となった。ただいつものような攻撃参加は見られず。

谷口 6 いつも落ち着いてボールをつなぐシーンもクリアを選択。チームを落ち着けることができず失点してしまったのは残念。

マイケル 6.5 ビジャを完封。あわやPKとひやりとしたシーンもあったがセーフ。

登里 6 粘り強く守備をしたが失点シーンはイニエスタの方が1枚上手だった。少々疲れていたのか攻撃参加が見られず。

大島 6.5 前半30分くらいのタツヤに通したロングパスは圧巻。ボールタッチも多くまさに川崎の心臓。

田中 6.5 アカデミー育ちの選手がイニエスタと対等に対峙するのは感無量。マナブのクロスからのヘッドは決めたかったが、あそこに顔を出せるボランチはアオならでは。あわやビジャのボレーシュートかと思われるシーンではゴール前まで戻りピンチを防いだ。

齋藤 6.5(MOM) なれない右サイドだったが後半初めまでは効果的にリズムを作った。

家長、ケンゴの穴を十分埋めた。相手の猛攻を受けてからは消えてしまったのがやや残念だったが、今後に期待を持てる活躍だった。

長谷川 6.5 効果的な仕掛けはいつも気持ちがいい。あとはゴール、アシストの結果が欲しい。

小林 6 ワンタッチゴーラーの面目躍如、デビューのころを思い出す。ただゴールシーン以外はあまり試合に絡めず復調とは言えない。

知念 6.5 5試合連続ゴールならず。ただ2点目は半分くらい知念の得点。身体をはったボールキープも多く、もはやトップで外せない選手になった。

山村 - 失点して相手の勢いが出たときに投入された。クローザーとしても今後期待大。

鈴木 - マナブに代わり投入。複数のポジションがあるレベル以上でこなせるので鬼さんの信頼大。

下田 - タツヤに代わり最後の時間稼ぎでの数秒のピッチだった。

鬼さん 6 怪我人続出と選手の疲労困憊のなか、的確な選手起用で勝ち点3を獲得した。
60%ポゼッションされることは最近なかったが、そのなかで勝ち切れるサッカーができたことは今後に期待が膨らんだ
スポンサーサイト



2019. 04. 28  
ここまでメンバーがいない中でよく勝った!

最後の20分は生きた心地がしなかった・・・

噂には聞いていたがイニエスタ判定って本当にあるんだな(笑)
でもやっぱりすごい。

キャラメルパスって言われた大島のボールタッチってすごく柔らかいけど、そのはるか上をいく柔らかさ。
ボールの受け方も状況判断も別格だ。
今日はヴィッセル神戸と試合してるというよりも、イニエスタ、ビジャと戦っている、そんな感じがした。

それにしても、馬渡、でかしたっ!!!

市船で鬼木枠での出場とか言う奴らを黙らせる(誰も言ってないか?昔、風間枠ってあったけど)、超スーパーフリーキックだった。

そしてキャプテンのリーグ初ゴール。
久々にワンタッチゴーラーの面目躍如、ここからゴール量産していくだろう。

齋藤も前半はよくボールにからんでいた。
ガチガチに固めてくる相手には手こずるけど、今日のようにスペースがある相手には有効だ。
憲剛、家長がいない中、よくゲームを組み立てた。

贅沢を言えば、3点目を取って安心してゲームを楽しみたかったけど、それはあれだけスーパースターを揃えているチームに失礼だろう。

何はともあれ、中4日での連戦が続くけど、控えも含めたチーム全員で勝利していけばリーグもここから巻き返していけるだろう。

今日は大きな、本当に大きな勝点3だった。
2019. 04. 24  
ACLホーム蔚山戦の採点&選手戯評(寸評)



ソンリョン 5.5 相変わらず安定の守備だったが痛恨の2失点。韓国チームが相手なだけに本人が一番悔しいはず。

馬渡 5.5 攻撃時のポジショニングの良さが光った。ただクロスの精度が悪く、また細かいところの丁寧さに欠けた。

谷口 5 怪我で試合間隔が空いてしまったが、2失点目の真ん中をぶち抜かれたのはCBとして言い訳できない。前半のこぼれ球のヘディングシュートは決めたかった。

奈良 6 ここ数試合安定している。以前のようなポカもほとんどない。

登里 6 左サイドで攻守に安定。2点目の小林につけたクロスは秀逸。でも最後のクロス・・・ボルテージが一気に冷めた。

田中 5 疲れていたのかいつもの積極果敢なボール奪取は見れず。パスミスも多かった。

大島 6 1点目のアシストは大島ならではのキラーパス。1失点目のコーナーにつながるパスミスは痛かったが、やはりボランチでの落ち着きが違う。

ケンゴ 5 攻撃の形作れず。なんか絶不調に見える。彼が交代すると目に見えて戦力が落ちたのはもう昔のことか。コーナーキックも可能性を感じられず。

家長 5.5 精彩を欠いた。さすがにこれだけ試合に出ていれば疲労困憊のはず。

齋藤 6 仕掛ける気持ちは感じられた。マリノスでの全盛期は守ってカウンターだったのでスペースがあるなかでのプレーだったが、あれだけ中央を固められた中にワンパターンでカットインするだけでは無理。タツヤのように縦へのドリブルも併用して相手を広げる工夫もしてほしい。

小林 6 待望の先制ゴール!2点目につながった抑えた強力なシュートもさすがだ。だけど、キャプテン!どフリーで外したロスタイムのあれは無い!マジで無い!!

知念 6.5 いつの間にか頼れるエースに成長。執念のツインシュートは彼の得点になった。

脇坂 6 麻生での好調を維持。失敗を恐れずもっと思い切ってプレーしてほしい。プレスキックも良かった。

ダミアン 6.5(MOM) 相変わらず短い時間しか使ってもらえないがプレーに気迫を感じる。多少、周りとの連携が悪くてもこういう選手が必要に思う。

鬼さん 5.5 またセットプレーから失点したが対策はしているのだろうか。(逆にこちらのコーナーキックはまるで迫力がない)。後半は知念、ダミアンを投入して小林も含め超攻撃型布陣を敷いた。さすがにあそこまで追いつめられるといつものバランス重視の交代もなく勝負にでてくれた。(ホント、馬渡⇒ラルフの交代とかもういいから)。
2019. 04. 23  
なんのためにダミアンや山村を獲ったのだろう。
アジアのタフな戦いを勝ち抜くためには今までの華麗なパスサッカーだけでは通用しない、
時には高さや強引さも必要だし、
時には気持ちを前面に押し出して闘う、
そんなチームを作り4冠を狙っていたんじゃなかったのか。
そもそも彼らをフィットさせてチームを作るつもりがあるのだろうか。
Jリーグ下位チームには、昨年のメンバーも、昨年のサッカーも通用するだろう。
でももっと上を目指していたはずではなかったのか。

鹿島、浦和、広島がACLで善戦しているなか、今年もフロンターレだけが情けない戦いを続けている。
所詮、井の中の蛙、早々、ACLを捨ててJリーグ制覇にかけるのだろうか。

意地を見せてくれ!

ダミアンの泥臭い同点ゴールにせめてもの光明を見出した。
ただそれだけの試合だった。
2019. 04. 19  
湘南ベルマーレのロッカールームのDVDが売れているらしい。
今日のロッカールーム、さぞや、いい素材を提供できたことだろう。
(ただプロなら裏の部分を見せて商売するより、ピッチでいかに表現するかだと思うけど・・・
まあ、フロンターレも昔、シーチケ特典DVDでやってたけどね・・・)

試合の方は、ホームで待望の今期初勝利!
今日の家長と大島は異次元だった。
時間軸がほかの選手たちとは違っていた。
森保さんが見に来てたみたいだけど、今日の2人を見ても代表に呼ばないのだろうか。
まあ、あんな魅力の乏しい代表チームに呼ばれて、
コパ・アメリカとかでリーグ戦に出れなくなるのもヤバイから、まあいいか。

一応、クリーンシートだったけど、もうちょい強い相手だったらやばかった。
マイケルは高さでもずいぶん負けてたけど、そこで負けたらあなたの存在価値なくなっちゃうよ。
ソンリョンの神セーブで救われたね。
マイケル!ソンリョンお礼を言っておきなさい!!!

それにしても今日はなんと言っても知念!
できすぎな4試合連続ゴール!
縦フィードに目覚めた奈良ちゃんとの新ホットライン誕生か(笑)
サイドからのクロスの精度が絶望的に悪いフロンターレだけど、
そろそろ、お得意な豪快なヘッドも見せてほしいものである。

兎にも角にもうれしい連勝だ。
少々諦めかけていたが、現金なもので、また「優勝」の文字がちらついてしまう。
いやいや、もう少し強豪に勝ってからにしよう。

まあ何はともあれ、こんな風に思いを巡らせる、
そんな時が、フロンターレを応援する至福の時である。



ありがとう、鬼さん!

今夜は酒が美味い!
2019. 04. 14  
あの前半の内容で勝てるとは・・・
ACLで情けない負け方をして絶対勝たなきゃいけない試合だったけど、
ここでJ1最弱のサガンとあたったのは勿怪の幸い。
1点しか取れないのがとにかく情けないが、何はともあれ勝ったから良しとしよう。

今日はとにかくリョータにつきる。
中盤がとにかく落ち着くし、リズムがでるし、何よりも縦パス入れてくれるから心地いい。
ヨシトに縦パス入れろって怒られていたのも今は過去、完全にゲームを支配していた。
この選手、怪我さえなければねえ・・・

家長無双も健在だった。
イマイチ、やる気スイッチが入らない試合が続いていたけど、ACLからフル出場して疲れていないわけがないのに、後半進むにつれてエンジンがかかっていく。
化け物ですわ。

谷口が出れないって聞いたときは暗雲立ち込めたけど、
クリーンシートに抑えた奈良ちゃん、マイケルもGJ!
世界のトーレスに何もさせなかった!(15分だけだけど・・・)

そして知念。
あそこで決めてくれなければホントこのゲームどうなったことか。
DFを身体ごとかわしてからのあのゴールを見れば、
悠やダミアンを抑えてのファーストチョイスなのも納得だ。
そろそろドッペルパックをお願いしたいところだ。

だけど、やっぱり!!!
仮にも4冠を狙ってる(?)チームが最下位のチームにウノゼロで勝って浮かれてるのもどうかと思うので・・・

もう少し、安心して見れる、面白いゲームを見せてくれないだろうか。



鬼さん、期待してますよ!
2019. 04. 09  
まず・・・鬼さんに一言・・・
「なんで足をつってるカイオを代えない!!!」

TV観戦している90%以上がそう思ったのではないだろうか。
山村や下田はそんなに使えないんだろうか?
いやいや山村とかあれだけ期待して入ってきて全然使えないってどういうことだろうか?
ダミアンもそうだし齋藤もそう。
フロンターレのサッカーは、なじむのに時間がかかるそうだけど、何のために宮崎や沖縄でキャンプやってるんだろうか?
まさかデジっちのためじゃないだろう。
毎年、春先に勝てないのは準備不足だってことを、そろそろ自覚してはどうだろうか。

鬼さんの交代の遅さには、そもそも不満があった。
こないだのセレッソ戦もそうだったけど、なんでバランスばっかり考えて勝負にでないのだろう。
今日も、後半47分に知念を出して何をしたいのだろう?
そもそも鬼さんのサッカーってどんなサッカーなんだろう?
風間さんはもちろんのこと、セッキーにも石さんにも、そして相馬さんさんにさえ、監督としての色があった。
球際で負けない勝負強いサッカー?
今年、ロスタイムでの失点は何点目だろうか?
別にこの期におよんで監督を代えろとか言うつもりはないけれど、今日の試合は監督の采配で負けた、これは確かだと思う。

今日の敗戦と同じくらい痛いのは、谷口の怪我・・・
この後のリーグ戦、鳥栖、湘南と続く体力自慢の連中との連戦にセンターバックは奈良と舞行龍?

個人的には車屋、奈良かなあ。
ガチガチくる奴らに正面切って戦ってももかなわない。
今のところは、やっぱり、DFから足元でつなぐサッカーでしかフロンターレに勝機はないと思う。
両サイドはノボリとマギーニョで。
マギーニョは守備へのポジショニングが悪いっていうけれど、とりあえず攻撃重視で行ってもらいましょう。

まあ、何はともあれ、夏までまだまだ連戦が続く。
グダグダ、くよくよしている暇はないのかもしれない。
とりあえず、今年のメンバーが早くフィットして上昇気流に乗るよう応援することしか、今はできないように感じる。

鬼さん、正念場ですよ。
2019. 04. 05  
桜満開の等々力にて、よりによって桜の戦士たち、セレッソ大阪との一戦だった。
ここ最近の苦手中の苦手。
どうしても勝てない相手だ。
セレッソは少し前の、タレントをそろえての攻撃的サッカーはなりを潜めた。
5バックでガチガチにスペースを消してくる糞つまらないサッカーに変貌し、
でもそれを毎回フロンターレは崩せず、気が抜けたところで失点する。
ホント、昨年の優勝が決まったヤンマースタジアムの試合のプレーバックを見ているようだった。

セレッソの得点は柿谷のミドル。
抑えた弾道のスーパーゴールだ。
よくドライブシュートみたいなものがベストゴールとかに選ばれるが、
こういうGKの一番取りにくい低い弾道の早いシュートを打てる選手が一流だと思う。
フロンターレも引いた相手にはもっとミドルを打って、相手をつり出せばいいと思うのだが、
いかんせん、ミドルを打つ技術がある選手が阿部ちゃんくらいしかいない。
ダミアンにそういうのも期待しているのだが5分やそこらじゃねぇ・・・。
まぁ柿谷の今回のゴラッソもフロンターレの軽い守備があってこそ。
普通、あんなにきれいにいかないから。
守田は清武が気になっていたんだろうけど谷口はあそこあまりに緩すぎないか?
鬼木フロンターレの真骨頂のハードディフェンスはどこへいったやら。

グダグダとネガティブなことを書いてきたけど、一番の問題はみんな薄々感づいている、
そう、得点が取れないこと!!!

かつて、守備戦術を構築しようとした青年監督をクビにしたのもこんな桜満開の等々力での試合の翌日だった。
(話がそれるがその青年監督、先日練習試合で麻生にいらっしゃったが、オフィシャルも選手のSNSもまったくスルーしてた。
ふろん太くんも移籍した選手が来たときはあんなに大はしゃぎでアップするのに・・・)

そう、ポゼッションがいくら高くても、何でもないところで失点してもそんなことはどうでもいい。
とにかくフロンターレは大量得点してなんぼのチームだったんじゃないのか!

優勝してもしなくてもどちらでもいい。
ただフロンターレらしさはなくしてほしくない。

また「等々力劇場」を見れる日が来ることを切に望む。

< /div>