FC2ブログ
2019. 08. 28  
ソンリョン 5.5 前半2分には至近距離のシュートを2本防ぐ神セーブ。しかしFKの失点はソンリョンならイージーボールだったはず。

マギーニョ 5.5 積極的に攻撃参加し1点目の起点となる。前半20分の抜け出しは決めておきたかった。後半は目に見えて運動量が落ちた。

ジェジエウ 6 ドウグラスの対応に手を焼いた。2失点目、身体に当たってしまってゴールイン。仕方がないが悔やまれる。

谷口 5 2失点目、左に車屋がいたが守田への縦を選択してボールカットされた。さすがに3人にマークされていた守田につけるのは無謀だった。疲労困憊しているのか、最近は時々集中を欠いたプレーが見受けられる。

車屋 6 マギーニョが高いポジションを取ったので攻撃は自重気味だった。

守田 5.5 別人と思えるくらい精彩を欠いていた。相手へのアプローチやボールを受けてからの展開など、好調時の見る影もなくなってしまった。なんとか復活してほしいものだ。

下田 5.5 どうしても大島と比べられてしまうが、プレッシャーを受けたときのパスの精度は劣ってしまう。CKは絶望的に可能性を感じない。もう少し工夫をしてほしい。

中村 6 2点目の馬渡へのスルーパスはさすがだ。フロンターレの横パスサッカーで唯一効果的な縦パスを入れられる選手。今のサッカーを続けていく以上、好不調に関わらず外すことができない。

齋藤 6.5 短い時間で2度の裏への抜け出しを見せキレを感じさせた。ダミアンへのノールックのアシストは圧巻。負傷がどの程度なのか気になる。長期離脱だけは避けてほしい。

阿部 6 攻撃にリズムを与え、守備にも奮闘。しかし、ダミアンのワントップの時はゴール前への入りが少ない。

ダミアン 6.5(MOM) 出場すれば結果を残してくれる。ところどころ気持ちのこもったプレーを見せてくれる。後半44分、下田のパスを受け、相手を背負った状態で左足のアウトサイドでかわしそのまま左足で反転してシュート。枠は外したがまさにCFのプレーだった。オーバーヘッドやヒールリフト、彼を見るだけでも等々力に行く価値あり。

長谷川 5.5 齋藤に代わって急遽投入された。得意のドリブルも警戒され仕掛けることすらできなかった。

馬渡 6 チーム戦術を理解し右サイドの攻撃を活性化させた。2点目の裏に抜け、ボールを受けてからの悠へのラストパスは秀逸だった。右サイドに交代枠を使ってしまうのはもったいない。もっと成長してポジションを取ってほしい。

小林 6.5 投入された直後に得点。決定力はさすがだ。なかなかツートップがうまく機能しない今シーズンだが、なんとかダミアンと共存できないものか。

鬼さん 5.5 交代の決断の遅さは相変わらずだった。結果、馬渡は活躍したが、斎藤の負傷交代で2つしかない交代枠をサイドバックに使うのが正解だったのか。リードを許した場面で小林投入などすぐに攻撃にスイッチできなかったのか。1枠残っていれば最後に山村や知念を入れて放り込みも効果的だったのではないか。

等々力でドローは負けたのと一緒である。

勝ちに行ってほしい。最後は勝負にでて、DFがスカスカになってカウンターを打ち合う。失点して負けてもサポーターは納得するんじゃないだろうか。(今のフロンターレの攻撃陣みればカウンター打ち合っても負けないと思うのだが・・・)

リーグ戦残り10試合。
優勝できなくてもフロンターレらしい前のめりの面白いサッカーを見せてほしいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
スポンサーサイト



2019. 08. 26  
もはやリーグ優勝はあきらめた方がいいのかもしれない。
こんなつまらないサッカーを見たいんじゃない。
試合ごとに劣化して行く技術力やチームとしての約束事、繰り返される謎采配。
技術や崩しのイメージがない遅攻を繰り返し、まるで相手がペナルティエリア内に全員揃うのを待っているようだ。
以前はそれでも、ペナルティエリアの1辺から侵入し、たびたび息をのむような崩しを見せてくれていた。
でも今シーズンは、この試合の2点目の馬渡、悠のような崩しが出来るのって1試合に1回くらいだよね。
実に効率が悪い。
昔、たまに見ることができた大量得点大虐殺ゲームも恐らくもう見ることはできないだろう。

いっそ単純にダミアンにボールをつけて欲しいものだ。
オーバーヘッドやヒールリフト、見ているだけでわくわくする。
怪我しちゃったけど、マナブのドリブル突破も良い。
へんな足かせで遅攻で崩すのがフロンターレになっちゃってるけど、元々、ジュニーニョの高速ドリブルに魅了されたサポーターもいっぱいいる。
今のチームには以前のように10人で固めているペナルティエリアを突破する技術もアイデアも無いのだから、強烈なミドルを狙ってもいい。
よく言われることだがシュートを打たなきゃ何も始まらないし。

とにかくこれ以上つまらないサッカーを続けて欲しくない。
きっと、サポーターが見ていてつまらないんだから、やってる選手もつまらないよね?
守田とか、あれだけ才能あったのに、最近ではびくびくしながらプレーしている。
やはり、戦術や技術をちゃんと教えられる指導者が今のチームには必要なのだろう。

まぁ、現実問題として、今すぐ監督を解任するとか、技術や戦術を植え付けられるコーチを招集するとか、すぐには難しいだろう。
2連覇は、ところどころビッグゲームは落としたが年間通して安定した力を出せたので獲得できた。
そういう意味でも今年は難しいだろう。
まずはせめてホームで勝ち切る事、その辺から始めるしかないのか。

3チームに勝てばいいルヴァンカップと比較的楽なヤマに入った天皇杯。
せめてそちらは頑張ってほしいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 08. 17  
敗因を考えてみる(ドローだったけどあえて敗因とする)

① 運悪くCBが2人とも出場停止ででれず、CBに関しては、ほとんど素人の選手を使わざるを得ず、やはりそこで失点した。

② 天皇杯で120分の激戦を戦い、台風で移動にも体力を消耗した。一方ベガルタは先発全員変更、選手層の厚さを見せた。

③ ベガルタがスタジアムの芝を伸ばし、水も全くまかないという姑息な手段、もとい、作戦にでた。

④ フロンターレキラー長沢が先発した(エスパルス、ガンバ時代含めて一体何点取られているんだ!)

しかし!!
どんな言い訳しても言いたいのはただ一つ。

「何故、今日のベガルタに勝てない!」

いやいや、ベガルタには失礼だが、今日の前半のベガルタの調子を見たらBチームでも勝てるでしょう。
ここ数試合、下位チームにはとことんドローに持ち込まれている。
これが本当に3連覇を狙っているチームなんだろうか。

監督の選手交代の遅さ、勝負を見極める機微が欠落している。今日の小林の調子を見て、もう少し早くダミアンを入れられなかったのか。
FC東京とは勝点8も開いているんだ。
2年連続で逆転優勝の成功体験があるから一部のサポーターはまだのんびり構えているけど、勝点8差ってとんでもない差だよ?
本気で3連覇狙っているなら、ミラクルなゲームが必要で今年はまだ1度もない(逆ミラクルはいっぱいあるけど)。

鬼さん、本気で勝負に出てほしい。
選手起用も、たとえビッグネームでも調子が悪い選手は外してほしい。
毎日練習をみているのだから、プロの目で選手を見極めてほしい。

それから、大島が全治6週間の怪我って、チームスタッフは何をやっていたのだろう。
名古屋に無理に帯同させて先発メンバーにも入れて、怪我の状態が分からなかったって、チームトレーナー、チームドクターは何のためにいるのだろう。
2年前の悠、昨年の家長、優勝するにはMVPを取るようなミラクルな活躍をする選手が必要で、今年はリョウタがそうなるはずだったのに・・・。

まぁ、何はともあれ、次は1週間十分に休養をとって、CBも戻ってきて、芝も自分たち好みのホーム等々力、しかも相手は今日歴史的大敗を喫した清水エスパルスだ。

もう言い訳はできない。

鬼さん、とにかく知恵を絞って、できうる限り万全の準備をして、エスパルスを打ち負かしてください。
3連覇、まだまだあきらめずに応援しています。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 08. 14  
それにしても最近、不当なジャッジが続く。

しかしどんな逆境にも最後まであきらめない漢がいた。
レアンドロ・ダミアン!
同点ゴールを挙げた直後、勝ち越しを狙ったオーバーヘッド。
疲れ果てたチームを奮い立たせた。

そしてアキ!
沈着冷静なPK!
やはりMVPは格が違う。
あの雨の群馬で雄たけびを上げて以来、天皇杯男だ。
ここからスイッチが入ってやってくれるだろう。

さぁ、中2日で仙台だ!
帰路を考えると実質どのくらい休めるのだろう。
それでもこの「オカヤマ劇場」(岡山一成じゃないよ)できっと勢いがつくはず。

3連覇、3冠、まだあきらめるのは早いかもしれない。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 08. 13  
DAZNのジャッジリプレイで谷口のイエローが検証されていた。
もちろん谷口へのカードは致し方ないが何故きっかけを作った吉田選手はお咎めなしなのか。
また終了間際、阿部をどついた和泉選手には谷口と同じ行為でも何故カードがでなかったのか。
谷口はプレーと関与してないのに遠くから走ってきて騒ぎに加わったことで心象が悪く、
また和泉選手はもう終了間際で時間を止めたくなかったから流して正解だったとのこと。

いやいや吉田も和泉もイエローでしょう?
騒ぎのきっかけを作ったのは明らかに吉田だし、
終了間際でも同じ基準でしっかり裁いてもらわないと、
10人になっても必死に1点でも返そうと戦っている選手たちに失礼だよ。
ジェジエウは85分にイエロー出されて次の試合出れないんだよ。

今回の主審は経験が浅く4万人もの観衆の中でジャッジするのも初めてだったのだろう。
BSやDAZNを見返すと目も泳いでいるし、雰囲気に飲み込まれて冷静なジャッジができなかったのだろう。
もう少しビッグマッチには、ある程度経験を積んだまともな審判をお願いしたいところだ。

さてさて前書きが長くなったが採点&寸評を。
今回も負けたので一言ずつで・・・。

ソンリョン 5 3失点とも仕方ないがビッグセーブを期待してしまう。

車屋 4.5 終始守備に追われた。途中から得意の左にポジションチェンジしても効果的な攻撃見られず。

谷口 4 プレーに疲れが見え精彩を欠く。退場の場面、仲間がやられているなか飛び込んでいき相手をどついてしまったが、個人的には、こういう熱さは絶対必要だと思う。

ジェジエウ 4.5 2失点目のシャビエルにかわされたのは致命的。

登里 4.5 3失点目、阿部と2人で簡単にサイドを崩された。

山村 4 急遽ボランチでの出場。仕方ない面はあるがそろそろ川崎のパスサッカーになじんでほしい。

田中 5.5 劣勢の中、攻守に奮闘。谷口退場のあとはCBに入り凌いだ。

中村 5.5 山村の調子を見てボランチからゲームを組み立てたりもしたが効果的な攻撃はできず。

脇坂 4.5 ほとんどボールに絡めず。

阿部 5 敵陣で動き回ったが最後まで相手を崩せず。前半終了間際のシュートは阿部なら枠に行ってほしかった。

小林 5 シュートが正直すぎて脅威になれず。裏への抜け出しも狙い続けたがパスもなく前線で孤立。

齋藤 5.5 ドリブルで切れ込むもチームの負のリズムを変えることができなかった。

ダミアン 4.5 シュート0では何のために投入されたかわからない。

家長 - ボールはキープできるが驚くようなプレーは特になかった。

鬼木 4 大島の見極めに失敗、リスク管理として下田を帯同させなかったのも解せない。
山村やダミアンのようにポテンシャルの高い選手もいまだ適所を見出せずくすぶらせてしまっている(2人とも他チームで他監督の元なら大活躍するのでは)。
風間監督が退任後、選手の能力だけでここまでやってきたが、「止める蹴る」の技術は確実に退化している(風間さんのチームと対戦してよくわかった)。
このどん底の状態から鬼さんがどのように立て直していくのか、監督としての正念場だ。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング



2019. 08. 12  
悔しい敗戦となった名古屋グランパス戦。
猛暑の中、なんとかかんとか応援してきた。


しゃちほこと豊田スタジアム。
本当に素晴らしいスタジアムだ。
羨ましい。

IMG_2088.jpg
開閉式だが、ここ数年は開けたまま(?)らしい。

IMG_2081.jpg
グランパスゴール裏のコレオ。
チケット完売で超満員。

IMG_2091.jpg
スコアは3対0で完敗。
このスタジアムは何回か来ているけど初めて負けたかも。

IMG_3065.jpg
グランパスくんたちと川崎サポーターの交流。

IMG_3076.jpg
いつもはいない金色の奴もいた。

で、ここからは観光。

今回は少し足を延ばして小牧に行ってきた。

IMG_2059.jpg
小牧山の小牧城(歴史資料館)。
小牧・長久手の戦いでの家康の居城。

博物館明治村へ。
明治期の重要文化財の建築物が移築・展示してあり多くのドラマのロケ地となっている。

IMG_2032.jpg
帝国ホテル中央玄関(大正12年アメリカ建築界の巨匠フランク・ロイド・ライトにより設計された)

IMG_2028.jpg
明治の洋食屋「浪漫亭」でふわとろ卵のオムライスを食す。

IMG_2022.jpg
聖ヨハネ教会堂(明治40年、京都河原町に建築されたプロテスタント教会)

IMG_2038.jpg
金沢監獄中央看守所(明治40年建設)

IMG_2046.jpg
聖ザビエル天主堂(明治23年、フランシスコ・ザビエルを記念して京都に献堂された)

IMG_2042.jpg
天主堂の中。

IMG_3051.jpg
品川灯台(明治3年、品川台場に建てられた現在日本最古の洋式灯台)

IMG_2098.jpg

IMG_2097.jpg
そんなこんなでお盆の愛知観戦旅行も終わり、最後は手羽先で反省会。

最大のお土産、勝点3は持って帰れなかったが、毎回、フロンターレのおかげでいろんなところを旅ができる。
チームは少々調子を落としてしまっているが、何とか巻き返して3連覇してほしい。

まだまだ猛暑が続きますが頑張りましょう。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング

2019. 08. 11  
何故、遠征に下田を連れていかなかったのだろう。
大島が万全じゃない以上、普通に考えると連れていくよね?
いやいや、嫌味とかじゃなくて本当に鬼さんが何を考えて、今回の18人を選んだのか知りたい。
大島の代わりが山村って、守田を連れていく意味は?

1失点目はオフサイドだったけど、なんなんだあのレフリー。谷口にレッドは致し方ないが、なんで吉田はお咎めなしなの?前田に謝りに行った斎藤に、ちょかいださなければそのまま終わってたのに。退場に追い込んで してやったりだろうけどあまりに汚すぎる。

ただ悔しいが、技術的にはグランパスの方が上だった。2失点目、3失点目のDFの外し方、相手と逆の矢印を取る動き、まさにあれは風間フロンターレの真骨頂のプレーだったはず。あの頃よりフロンターレの技術力は確実に劣化している。教えられる人がいないのだろう。寂しい限りである。

それにしても1点くらい取れないものだろうか。お盆の真っ只中、渋滞や猛暑の中、なんとか駆けつけたサポーターにボコボコに大虐殺された姿を見せつけて、それでも拍手と応援歌で迎えられて何を感じるのだろうか。

優勝できなくてもいい。
我々の心に残るプレー、闘う気持ち、そんな姿を見せてくれないだろうか。
それこそが、鬼さんが唯一、風間さんより優れていることなんだから。


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 08. 04  
またまたやってくれました。
ホーム等々力で糞つまらないゲームを。
まだ負けた前節の方が少しはワクワクさせてくれた。

鳥栖戦もそうだったけどJ2仕様のスコアレスドロー狙いのドン引きサッカーに対して、
相手ディフェンスの周りをひたすらボール回ししているだけで、だれも仕掛けない。
勇気がない選手たちにはガッカリだ。
それにしても反町さんはいつもつまらない(手堅い?)サッカーをするなぁ。
あんなサッカーでサポーターがついて来るのが不思議だ。
まぁ、最近のフロンターレもあまり自慢できる面白いサッカーをやっているとは言えないけど・・・。

思えばロンターレもJ2から這い上がってきたチームだ。
連覇もしたけど決して平たんな道を来たわけではない。
それでもどんなに勝てないときでも、攻撃第一の面白いサッカーを常に目指していた。
守備的サッカーを嗜好した青年監督はすぐにクビにした。
そう、常にスリリングな試合を見たいのである。
優勝できなくても・・・。

等々力劇場という言葉も死語になりつつある。
後半40分すぎてからの期待感もワクワクもなくなってきた。
もし今シーズン、FC東京が調子を落として何連敗もしてフロンターレが逆転優勝したとしても・・・
なんかこんな試合してるようじゃ、あまり意味がない気がする。

スコアレスドロー、
そろそろ勘弁してもらえないだろうか。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング

< /div>