FC2ブログ
2019. 11. 10  
先月に続いてカシマスタジアムでの観戦となった。

試合の方は・・・
最初はフロンターレがボールを保持して押し込むも、アントラーズはペナルティエリアに進入させない粘り強い守備からペースを掴んだ。
やはり休養十分なアントラーズに中3日では太刀打ちできないと思い始めたが・・・
こんな試合はセオリー通りセットプレーから山村がヘッドで先制!
そして相手コーナーキックから電光石火の速攻をしかけタツヤが追加点!
守田のダイレクトのロングフィードと悠の完璧なトラップからのポスト直撃のシュートが光った。

新井が試合を重ねるごとに自信をつけている。
思い切りのいい飛び出しと、ポストに救われる強運(運を味方につけるのは大事)。
ハイボールの処理もフィードも良くなっている。
個人的にはソンリョン押しだが、今は新井のパフォーマンスの方が上と認めざるを得ない。

そして家長の時間を追うごとに増してくる無双ぶり。
スイッチが入ると誰にもアキを止められない。
熱くなりすぎてイエローをもらってしまうこともあるが、そんなプレーひとつひとつが疲れたチームを勇気づける。
もちろん得点を獲ってほしいが、それ以上の活躍を十分している。

山村がフィットしてきたのも大きい。
谷口とのCBのコンビで単純なクロスはすべて跳ね返してくれる。
2人の連携も良く、2試合連続のクリーンシートも達成。
以前はあまり期待が持てなかったセットプレーも山村がいると何かを起こしてくれる気がする。
この試合のMOMだ。

さてさて、過密日程を3連勝でのりきった。
なんでこの安定した戦いがシーズン前半、中盤でできなかったのだろう。
同日、FC東京、マリノスが勝利してしまい現実的には3連覇はかなり厳しくなってしまった・・・
でもまだ夢を見せてくれている。

ルヴァンを獲って、リーグ戦は最後まで上位陣に苦汁をなめさせた。
そんな記憶に残るシーズンにしてほしい。

残り2戦。
この素晴らしい選手たちと戦えるのもあと2試合しかない。

どんな結果になろうとも明るく笑ってシーズンを終えたいものである。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
スポンサーサイト



2019. 11. 05  
なんとも複雑な勝利である。
レッズが気の毒である。
ACLを勝ち進んだことで死の連戦を強いられ、これがACL出場が罰ゲームといわれる所以である。
ターンオーバーせざるを得ない日程だ。
2007年に浦和出身の犬飼さんに、ACLでのターンオーバーをサポーターへの裏切りだとケチをつけられ、
「犬飼さん、我々は裏切られていません」という弾幕を掲げ戦ったことがあった。
あの頃から死の日程は何も変わっていないし、協会のACLに対する位置づけも変わっていない。
協会(Jリーグ?)は本気でACLを獲る気があるのだろうか。
せめてレッズには今回はACL、獲ってほしいものだ。

さて本日のレッズ戦である。
ルヴァンでゴールを外しまくり不本意だったであろう脇坂の先制ゴールと、絶好調の小林のダイナミックな裏抜けで追加点。
一方レッズの攻撃は、ポストに嫌われたり、ペナルティエリア内でのハンド疑惑などもあり、フロンターレゴールに迫るも無得点。
山村、谷口のセンターバックも単純なクロスはすべて跳ね返した。
ここにきて山村が貴重な戦力になっている。

なんとか勝利しリーグ制覇にほんの少し望みをつなげた。

そんな中、全治6週間といわれていた守田のたった2週間での復帰がでかかった。
ポリバレントで前半はボランチ、後半は守備に不安があったマギーニョに代わり右サイドバックに入り、山中選手を抑えた。
そして家長とのコンビネーションで右から崩し小林への完璧なクロスを放った。
前にも書いたが、縦抜けはないが、ドイツのラームのような動きで、日本にあまりいないサイドバックで面白い。
もちろんボランチとしてもボール奪取やさばきも天下一品だ。
必ず、代表に返り咲いてくれることだろう。

さぁ、中3日で強敵、常勝軍団アントラーズ戦だ。
日程的にはアントラーズに分があるし、ルヴァンの雪辱にも燃えているだろう。
いつものことながら一筋縄ではいかない難敵だ。
でも今のチームならぶったたいてくれるだろう。

残り3戦、
久々の修羅場3である。

追記・・・本当は一番最初に書きたかった。
中村憲剛の前十字靭帯の損傷。
なんとも辛いニュースである。
リーグ戦の勝ち負けなどどうでもいいほどに衝撃が走った。
ケンゴはフロンターレ、そのものだ。
必ずまた、ピッチでその雄姿を見せてくれることだろう。

GO!KENGO!!


にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング
2019. 11. 03  
ルヴァンカップからレフリーのミスジャッジに苦しめられている。
ジャッジリプレーという番組で検証していたが、PK2本損したし、120分の速攻を止められたのもレフリーの技術不足だった。

そして今日は悠のオフサイドの誤審で先制点を取り消された。
最後の方で、明らかなミスジャッジで温厚な登里が切れていたけど、もう少し真剣にやってくれないだろうか。
どっかのチームみたいに、事あるごとにレフリーを囲んで、ジャッジさえも変えてしまうチームもあるけど、正々堂々と真面目に戦っているチームもある。
レフリー一人一人がレベルを上げ、集中して、本気でジャッジしてくれないと、お金をかけてVAR入れたって何の進歩もない。

まぁ、今回、ルヴァンのVARでよかったのは、PK戦で新井が止めたとき、足がゴールラインから離れていなかったのを証明できたこと。
試合後、大騒ぎしていたコンサドーレサポーターもあの映像見たら黙るしかないだろう。

冒頭から話がずいぶんそれている。
サンフレッチェ広島戦である。

良くも悪くもマギーニョに尽きる。
家長、谷口、車屋の出場停止で先発。
前半は、マギーニョの右サイドを執拗に狙われ、決定機もずいぶん作られたが、奈良、山村を中心にしのいだ。(まぁ、ほとんどサンフレッチェの拙攻に助けられたようなものだけど)。
そのマギーニョ、後半は、相手のポジションチェンジなどもあり、何とか抑えていたけど、82分にはついに決定的なミスをしてしまい相手にゴールされてしまった。
足も痙攣し、万事休すかと思ったが・・・・
チャンスと見るや、ハーフェーライン付近から一気にゴール前へ駆けあがり決勝ゴールを奪ってしまった。
家に帰りDAZNで見返したら、解説の岩政さんに自作自演とまで言わしめた、独り舞台だった。

普段、試合に出れなくても頑なに頑張っている選手が大活躍する、本当にうれしい限りだ。

フェイスガードをつけてでも先発し戦った碧の先制点にも興奮した。
U-22のブラジル戦でミドルを2本叩き込んだが、またもあの位置からのミドルシュート。
代表に行くことで確実に成長している。
東京オリンピックでは世界を驚かせるかもしれない。

山村の相手外国人選手とのエアーバトル、奈良の身体を投げ出してのディフェンス、MVPで一皮むけた新井の落ち着き払ったセービング。なんともみんな頼もしい限りである。

さぁ、残り4試合。
来週はレッズ、アントラーズと難敵との対戦、山場が待っている。
ケンゴ、大島の状態が心配だ。
でも今のメンバーなら誰が出てもやってくれるだろう。

4連勝しても優勝できるかどうかはわからない。
でも最後まで懸命に戦う姿を見せてほしい。
たとえ優勝できなくても、サポーターの心に大きな何かを残してくれるだろう。

川崎フロンターレが戦う意味はそういうことかもしれない。

頑張れ!川崎フロンターレ!

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 


< /div>