FC2ブログ
2019. 09. 25  
まとまりもなく書いてみる。

風間監督のグランパス解任。
結果が出せなかった以上、いたしかたないだろう。
しかし後任がフィッカデンティ?
グランパスというチームに哲学はあるのだろうか。
潤沢な予算はあるようだが、バルセロナからレアルマドリードのサッカーに変えるようなものだ。
風間さんの勝負弱さは十分わかっているが、この2年半があまりにもったいない。
フロンターレの選手を見てもわかるように、技術力は目に見えて劣化していきますよ。
もう少し継承できる監督はいなかったのだろうか。
たとえビッグネームじゃなくっても。
まぁ、当のグランパスサポーターは風間サッカーに辟易して180度違うサッカーを望んでいるんだからとやかく言うことではないか。

そのフィッカデンティ監督。
サイドバックの攻撃参加に注文をつけてるそう。
FC東京でも鳥栖でも昔のイタリアサッカーを嗜好してる感じだった。
(ジョーやシャビエルのような強力なタレントがいるグランパスでは意外と縦ポンサッカーでもうまくいくかもしれない)

いやいやグランパスの話はもういい。
サイドバックの話がしたかった。
エウシーニョがあれだけ活躍できたのは、そして今、少々不調なのは、車屋の存在が大きいと思う。
あくまでサッカーの常識論では、両サイドバックは振り子のように片方が前に出たときはもう一方がディフェンスに回りバランスを取る。
大昔のことでわからない方もいると思うが、アウグストがいつも攻撃に行ったきり帰ってこないから、あれだけ攻撃大好きだった長橋ヤス君が守備一辺倒に追われていた。

車屋は・・・守備の安定感は言うまでもない。
センターバックをやらせても引けをとらない強さもある。
右SBとのバランス感覚も絶妙。
派手さはないが機を見て前線に上がり左SBの彼のクロスを右SBのエウソンが決めるという、バランスめちゃくちゃなサッカーは観ていて痛快だった。
風間さんがまだ大学生だった車屋を抜擢したのも今ではうなずける。

その風間監督、フロンターレ就任1試合目で、サンフレッチェにボロ負けしたが、あの時SBで出場していた伊藤宏樹が珍しく前線に上がってきてミドルを決めた。
相馬監督の固苦しいサッカーに辟易していたフロンターレサポーターは何か新しいものを感じた。

ポジションなど関係ない。
まず選手のやりたいことありき。
私は決して風間信者じゃないけどサッカーの観戦の楽しさを、観方を変えてくれたのは確かである。
今更、フロンターレの監督をやってほしいなどとは思わないが、敵として常に超えたい存在だたった。
だから名古屋グランパス戦は勝っても負けても楽しかった。

風間サッカーはよく「革命」という言葉が使われるが、グランパスも、フロンターレでさえも、この天才を躍動させるには器が小さかったのかもしれない。

風間さん、これからの活躍をお祈りします。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 
スポンサーサイト



NEXT Entry
負けに不思議の負けなし ~VSヴィッセル神戸@等々力~
NEW Topics
大志 ~BOYS BE AMBICIOUS~ 北海道コンサドーレ札幌戦@札幌ドーム
オレたちは強い!常勝軍団鹿島のお株を奪う勝利! ~vs鹿島アントラーズ@カシマスタジアム~
厳しい日程でも勝つ!強いフロンターレが戻ってきたぞ! ~vs浦和レッズ@埼玉スタジアム~
決勝ゴールは最後まで諦めずに走り続けたマギーニョ! ~vsサンフレッチェ広島@等々力~
ルヴァンカップ青覇 ~北海道コンサドーレ札幌戦 選手戯評~

< /div>