FC2ブログ
2019. 10. 29  
ラグビーが盛り上がっている。
“ One For All ,All For One” だそうで、そういうことなら、ルヴァンカップもチーム全員でつかみ取った勝利なので、今回は、いつものエラソーな採点はやめて、全員MOMということで個々の寸評のみにする。

また前回のブログでコンサドーレの荒野選手の事を悪く書いてしまったが、試合終了後、フロンターレサポーターに何度も頭を下げ、そしてフロンターレの選手を祝福している映像を見て、そこまで悪い人間じゃないのかと感じた。試合中、熱くなることは悪いことではなく、試合が終われば“No Side”の精神が私自身欠けていて少々反省である。みんな大好きな森ユースケ君に比べればかわいいものである。

ただレフリー!
谷口のプレー、そもそもファールかも怪しいけど、もしファールを取るなら、決定機阻止で最初からレッドカードだろう。わざわざVARで指摘される前に、ルールをちゃんとわかっていたんだろうか。
28分の登里が倒されたシーンは何でVARが介入しなかったんだろう。結果PKにならなくても介入はすべきだった。やたら、フロンターレ側のプレーには介入してきたのにね。

コンサドーレの同点ゴールだってロスタイムをずいぶんオーバーしていたよ。
そして何より一番の怒りは、120分に悠とケンゴの速攻を自陣のオフサイドでプレーを止めた事。誰がやってもあそこは流すでしょう!
ホイッスルを早く吹いてしまったということなら下手すぎ。
プレーの流れをちゃんと見てよ!
レフリーがDOGSO(決定機阻止)やってどうすんの!
劇的なサヨナラゴールのはずだったのに!

仮にも決勝戦、もう少しまともなレフリーはいなかったのだろうか。

では、寸評。

新井 もちろんPK2本ストップのビッグセーブに尽きる。ただ福森のFKを自分サイドに入れられてしまったのは悔やまれる。

登里 120分守備に奮闘する。そつなくパス回しにも加わるが、決定的な仕事は少なかった。

谷口 痛恨のレッドカード。レフリーに猛抗議しながらもノボリに監督の指示を聞いてこいと冷静に指示していたのは笑える。

山村 CKから3点目をアシスト。悠への絶妙な折り返し(シュート?)だった。CKでは頼りになる。PKも落ち着いて決めた。カウンターには苦しめられたが大きな破たんはなかった。

車屋 やってしまった(笑)。谷口退場後、CBに入り、10人で相手を抑えて120分戦ってこそのPK戦だ。あれでもし負けていたとしても誰も彼を責められない(もちろん、そんなフロンターレサポーターは1人もいないだろう)。ただ最初の失点のサイド抜かれたシーン、慎重にゲームに入った割には守備軽すぎだ。

大島 2点目の左足での悠へのアシストは秀逸。83分の谷口のシュートにつながる阿部への浮き球のパスも脱帽。異次元のパサーである。同点に追いつかれたCKはスカウティングで大島のところを狙われた。今後、チームの課題か。

田中 固くなったのか、いつものボール奪取や生きのいいプレーが少なく思えた。

家長 何回、チャンスメイクしたことだろう。クロスが絶妙だ。スプリント数はチームトップの20回。守備にも奮闘し足をつりそうになりながら戦っている姿は感動である。PK戦も外せば負けのプレッシャーがかかる5番目、いとも簡単に決めた(本当はすごい重圧だったろうがそれを見せないのが格好いい!)。セルジオ越後氏がMOMに押していたけど異議なし。

脇坂 いつもの精神状態じゃなかったのか、決定機を3回外す。トラッキングデータで前半、両チームで1番の走行距離だった。がむしゃらにプレーしていたのだろう。CKから阿部にアシスト。

阿部 さすがの決定力。シュート職人。歴史の扉を開いた(ルヴァン決勝無得点の呪縛を解き放った)1点目、阿部ちゃんじゃなきゃ決められないシュートだった。やはり優勝請負人だ。途中交代したがPK戦に出ていれば、何の気負いも無くあっさり決めてくれただろう。

ダミアン シュートがことごとくはずれ、ポストにも嫌われた。ただこれだけの一流選手なのに、ベンチに下げられても嫌な顔をひとつせず、最後まで一緒に戦い、勝ったときは誰よりも喜びを爆発させていた。

中村 いつも決勝戦だと空回りしがちだが、途中出場ということもあり、うまくゲームに入れた。ずっと見てきたケンゴが聖杯を掲げるシーンは感無量である。

小林 ストライカーの面目躍如、2得点の大活躍。さらにPK戦ではコイントスでフロンターレサイドを勝ち取り(これが大きかった!)、1番むずかしい最初のキッカーでキッチリ決めた。

長谷川 相手の疲れが見え始めた時間に投入されて最も嫌なプレーヤーだろう。左サイドを突破し相手を押し込んだ。ノボリとの連携もよし。

マギーニョ 足の速さはさすがだ。スピードで相手の攻撃の芽を摘んだ。前線へのドリブル突破もあり。鬼さんが谷口退場の後、奈良ではなくマギーニョを選んだのは相手が疲れてきているあの時間では正解だった。長谷川とともに両サイドで前線に起点を作ることができ、10人でも押し込むことができた。

鬼さん 2000年のナビスコカップは選手として出場し、それ以来の悲願達成だ。選手起用、モチベーションの持っていき方、ベンチワーク、PK戦の人選、どれをとっても文句のつけようがない。

兎にも角にも、ルヴァンカップ優勝だ。
2009年の事件を含め、悔しい思いをいっぱいしてきたがすべて報われた思いだ。
この試合もポストに嫌われたり、わけがわからないジャッジがあったり、土壇場で失点する悪い癖がでたり、簡単には勝たせてくれなかった。
これでもかというくらい試練を与えた。
しかしそんな逆境を選手は自分たちの手でこじ開け歴史の扉を開いた。

フロンターレの選手たちを誇りに思う。

にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ
にほんブログ村


川崎フロンターレランキング 
スポンサーサイト



NEXT Entry
決勝ゴールは最後まで諦めずに走り続けたマギーニョ! ~vsサンフレッチェ広島@等々力~
NEW Topics
大志 ~BOYS BE AMBICIOUS~ 北海道コンサドーレ札幌戦@札幌ドーム
オレたちは強い!常勝軍団鹿島のお株を奪う勝利! ~vs鹿島アントラーズ@カシマスタジアム~
厳しい日程でも勝つ!強いフロンターレが戻ってきたぞ! ~vs浦和レッズ@埼玉スタジアム~
決勝ゴールは最後まで諦めずに走り続けたマギーニョ! ~vsサンフレッチェ広島@等々力~
ルヴァンカップ青覇 ~北海道コンサドーレ札幌戦 選手戯評~

< /div>